近江商人のまちなみ
近江八幡のみどころを紹介
訪れてよかった町、もう一度訪れたい町
近江八幡はさわいで楽しむ町ではありません。歴史と文化に育まれた自然を
楽しむ町です。なぜか心が癒される町。
ですから、近江八幡が都会化してほしくありません。ずっとこの状態で続いて
くれたらいいのになあと思っています。
近江商人は信用第一とし、物不足に便乗した値上げなどは厳しく戒め、
人々から愛され必要とされる商いを心がけました。
また、橋の架け替えや神社仏閣の寄進も怠ることもなく、地域貢献をこころ
がけました。
我々もこの「足る知る」という気持ちをもって、先代の精神を受け継ぎ、美しい
まちなみを守っていかなければと感じます。
近江八幡のみどころ
美しいまちなみ 八幡宮 美しいまちなみ ロープウエイ
 日牟礼八幡宮
千有余年の歴史を誇る近江八幡の
総社。「安南渡海壱船額」をはじめとする重要文化財も多く残されている。
 八幡山ロープウエイ
八幡山山頂まで4分。
山頂には、豊臣秀次の菩提を弔う
ために建てられた「村雲御所瑞龍
寺」がある。
美しいまちなみ 白雲館 美しいまちなみ 長命寺
 白雲館
明治10年、八幡東小学校として、
建てられた。現在は観光案内所が
設置されている。
 長命寺
西国三十一番の札所
808段の石段を登ると、琵琶湖の眺めもすばらしい。

Page Top


この改行は必要→