左儀長祭り
左儀長は春の風物詩
左儀長祭りは織田信長がはじめたといわれる天下の奇祭
織田信長が安土城下で盛大に繰り広げ、自ら異称華美な姿で踊りだしたと
「信長公記」にも記された天下の奇祭。
十数基の左儀長は、女装した若衆たちの掛け声も勇ましく町内を練り歩き、
日曜夜には順次奉火されます。
火の粉を浴びて乱舞する若衆の姿はまさに春の湖国の風物詩。
美しいまちなみ 左儀長1
      左儀長が宮入
美しいまちなみ 左儀長2 美しいまちなみ 左儀長3
     左儀長が回せ回せ      左儀長同士のけんか

Page Top


この改行は必要→