八幡堀慕情
八幡堀が育んだ商いの町 近江八幡
城下町を開いた豊臣秀次は八幡堀を琵琶湖とつなぎ、船を城下に寄航させ、
楽市楽座を施工し、自由商業都市として近江八幡の発展に尽力した。
その後も八幡堀という湖上交通路を生かし、近江商人が精力的に活動を続けた。天秤棒をかつぃで全国へ行商にでかけ販路を築き、わずかな資本から豪商
へと成長していった、八幡商人は近江商人のなかでも、いち早く江戸日本橋に
店を構え、大型店舗経営に成功する。
その八幡堀に桜が咲くころ、最高の情景を楽しむことができます。
<画像をクリックすると拡大します>

かわらミュージアム
瓦を葺いた屋根が町の景観を形成してきたともいえる近江八幡。
その瓦を運搬する水路となった八幡堀。瓦と八幡堀は近江八幡の発展に
重要な役割を果たしてきました。その八幡堀の側の立つのが「瓦ミュージアム」
である。瓦の歴史、製造の様子などを展示しています。
時間ー入館9:00−16:00 休 月曜日(祝日の場合翌日)、祝日の翌日
料金ー大人300円、小中200円
問い合わせ かわらミュージアム  TEL 0748(33)8567












Page Top


この改行は必要→